岡本碧優(スケボー)大技540を中学生でマスター!何歳から始めたの?

オリンピック

東京2020オリンピックで新競技に選ばれた「スケートボード」

日本代表 岡本碧優 (おかもと みすぐ)さん。

15歳(中学3年生)にして、世界ランキング1位です。

世界で数人しか出来ないと言われる大技を武器に、金メダルを狙います!

15歳でオリンピック出場の岡本選手について調べてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

* 岡本 碧優 (おかもと みすぐ)

* 生年月日   2006年 6月 22日

* 身 長    148㎝ ・ 40㎏

* 血液型    B型

* 出身地    愛知県高浜市                          【画像:東海TVより引用】

* 趣 味    読書

* 座右の銘   挑戦

スポンサーリンク

スケートボードとは

スケートボードとは、簡単に言えば「一枚の板に車輪が付いた乗り物」です。

オリンピックでは【ストリート】と【パーク】の2種類で争われます。

【ストリート】  階段などを用いたコースで技を競います

【パーク】    すり鉢状のコースで技を競います

今回ご紹介する岡本選手は【パーク】で出場します!

スケボーを始めたきっかけ

 お兄さんがやっていたのをきっかけに、小学2年生で【TRIFORCE SKATEBOARD ACADEMY】に入門。

「世界で活躍できる選手になりたい!」と、小学6年生から家族の元を離れ

プロスケーターの笹岡健介選手の岐阜市内の実家で下宿し、武器の「バックサイド540」を習得したそうです!

凄いですね~

小学6年で親元から離れて下宿生活なんて!

親御さんも「言い出したら聞かないから」と承諾されたそうです。

オリンピック出場までやってみせる碧優さん・やりたいと言う子供を見守って家を出した親御さん・小学生の
子を責任もって預かってここまで育てた笹岡選手のご家族。

素晴らしいと思います!

 

笹岡健介 (ささおか けんすけ)
スケートボード一家で、お父様は元ジュニア王者で、3人兄弟です。お兄さん2人もスケーターです。
6歳でスケボーを始め、あらゆる大会で優勝している凄い方です!(^^)!
2012年 AJSAプロアマオープンに初出場しアマチュアながらトッププロ達を抑えて優勝
2013年 日本スケートボード協会公認プロに昇格
2019年 日本選手権優勝、初代パーク種目初代チャンピオン
           日本代表「第18回アジア競技大会」で金メダルを獲得し初代アジア王者
    「X-GAMES パーク部門」で日本人初出場

実 績

2018年

      スケートボード・パーク世界選手権 – 5位

2019年

  デュー・ツアー – 優勝
  国際スケートボードオープン – 優勝
  スケートボード・パーク世界選手権 – 優勝
   VANSパークシリーズ アジア地区選手権 – 優勝
  STUオープン – 優勝

 

2018/2019って・・・12歳?13歳?

小学6年⁉中1⁉ すごいと思いませんか?

この年で世界で戦うんですよ!で、優勝ですよ!!!

何をどうやったらこんな上手になるんだろう。

 

碧優さんは所属するMKグループのインタビューで

拳道プロの教え方がとても分かりやすくて、人によってやる気を出す教え方をしてくれるんです。
                                      と言われていました。
その、拳道プロと言うのは笹岡ファミリーの笹岡建介さんのお兄さんです。                                                                                                                                                                                                     
笹岡拳道プロは現在「TRIFORCE MANAGEMENT」という
スケートボードスクールの運営やマネージメントの会社を設立されています。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

まとめ

世界大会は何度も経験されていると思いますが、

オリンピックという「最高の舞台」で「最高の技」を決めて「最高のメダル」を獲得してもらいたいですね!

小さな体で大技の「540」 応援しましょう

タイトルとURLをコピーしました