「林伊佐緒」下関出身の歌手・作曲家。今でも歌い継がれる数々の校歌

生活

 下関市出身と言えば、今は亡き「松田優作さん」は有名ですが、山本譲二さん、田村淳さんなど現在もテレビなどで活躍されている方は多くいます。

しかし、大正・昭和の時代にも歴史に名を遺した多くの偉人がいます。

金子みすゞ・田中絹代・木暮実千代・・・俳人や女優。金子みすゞの詩は教科書にも掲載されていますね。

女性の活躍が目立つようですが、男性にも著名な方がいます。

日本歌手協会会長の肩書を持つ「林 伊佐緒」本名(林 勲)
歌手としても数々のヒット曲に恵まれ、作曲家としても多くの名曲を生み出しています。

地元では小・中・高校の校歌や企業の社歌を手掛け、それらは今でも歌い継がれています。地元の王喜地区には記念碑が建てられています。

スポンサーリンク

生い立ち

 1912年(明治45年)、厚狭郡王喜村松屋【現:下関市王喜本町1丁目】生まれ。

高校【現:山口県立小野田高等学校】時代は、陸上や水泳の選手で同時に音楽も大好きだった。

昭和6年、明治大学時代に東京高等音楽学院【現:国立音楽大学】があることを知り、ピアノ科に籍を置く。

昭和9年、タイヘイレコードの歌手試験に合格しデビューすることになる。

スポンサーリンク

歌手としてデビュー

 昭和9年 「旅の雨」でデビュー
この時(マイフレンド)という芸名でデビューしますが、この名前がとても不評だったそうで3か月後に
「林 伊佐緒」に改めています。

昭和12年〈若しも月給が上がったら〉が大ヒットして一握有名になり
      ・麗人草の歌   ・愛染草
      ・真室川ブギ   ・高原の宿
      ・そっとこのまま
などヒット曲にも恵まれ、NHK紅白歌合戦には第1回から11回まで出場しています。 


デビュー当時から自らも作曲を手掛けていて、日本最初のシンガーソングライターと言われています。

作曲家としての顔

 昭和14年頃からは、出版社や新聞社の作曲公募などに応募して数々の当選を果たしています。

昭和14年〈出征兵士を送る歌〉 昭和25年〈ダンスパーティーの夜〉などは自ら作曲して歌い代表曲として知られています。

==代表曲==
  三橋美智也 〈リンゴ村から〉〈母恋吹雪〉
  春日八郎  〈苦手なんだよ〉〈長崎の女〉〈ロザリオの島〉
  藤田まこと 〈てなもんや三度笠〉     等々
 歌と作曲作品は1500曲以上に及ぶそうです。

 昭和47年 戦後27年間もグアム島のジャングルに潜み続けた日本人がいました。
 

「恥ずかしながら、生きながらえて帰って参りました」で話題になった横井庄一さんです。林伊佐緒は、横井さんの帰国を歓迎する歌を発表しています。

地元に残した校歌

 昭和18年、現在の山口県立小野田高等学校の校歌を始め、企業の社歌など数多く手がけています。
地元である王喜小学校の入り口には校歌と顕彰碑が建てられている。

王喜小学校では、校歌を斉唱する時は必ず手話を交えて歌います。
入学式から在校生がするので、一年生もあっという間に覚えます(^^♪

いかなるときでも、校歌が流れ歌う時は子供たちは手が出ます(笑)

 

功 績

 日本歌手協会の理事長を長く勤め、後に会長になる。
数多くの賞も受賞しています。

昭和50年 紫綬褒章
昭和58年 勲四等旭日小綬章
     第25回 日本レコード大賞(特別賞)
平成7年 第37回 日本レコード大賞(特別功労賞)

作曲した校歌・社歌

 昭和18年 輿風中学校(現:山口県小野田高等学校)    昭和37年 豊田中小学校
 昭和24年 王喜小学校                        昭和38年 阿川小学校
 昭和27年 王喜中学校                        昭和39年 豊田下小学校
 昭和28年 下関東高等学校王喜分校              昭和39年 厚陽中学校
 昭和29年 粟野小学校                  昭和42年 木屋川中学校
 昭和29年 粟野中学校 ※豊北第三中学校 同曲      昭和42年 日置農業高等学校
 昭和31年 水産高等学校                 昭和46年 田布施西小学校
 昭和35年 滝部小学校



 昭和31年 興亜会の歌(宇部興産)
 昭和38年 日本火薬厚狭作業所の歌(現:日本火薬株式会社)
 昭和38年 ダイナマイト音頭(現:日本火薬株式会社)



 昭和38年 山陽町民の歌 

まとめ

 下関、歌手、紅白歌合戦と聞くと、山本譲二さんが浮かびますが、第一回から11回も出場している人が
こんな身近にいるとは思いませんでした!

しかも、数多くの学校の校歌を作曲し、現在もずっと歌い継がれているとは本当に素晴らしいことです。

下関には著名な方が多くいますが、まだまだ知られていない素晴らしい人がいるかもしれませんね。 

生活
スポンサーリンク
あんふぐをフォローする
スポンサーリンク
好きっちゃ Shimonoseki
タイトルとURLをコピーしました