『舟郡ダム』へのアクセス・駐車場・周辺の川棚温泉地観光情報

遊ぶ

 漂泊の俳人 種田山頭火が愛した川棚温泉。

その近くに、川棚平野を見下ろし響灘を一望できるダムがあります。

もともと地域の農業用に造られたダムですが、現在は ”誰もが憩える湖公園” として利用されています。

周辺には川棚名物の「瓦そば」を食べれる店もあり、日帰り温泉施設もあるので、遊ぶ!・食べる!・温泉!
満喫できます。

スポンサーリンク

ダム湖名

 ダム湖名は【青龍湖(せいりゅうこ)】

この湖は”青龍伝説”と言われる逸話があります。

 大昔、この地方は一大沼地であり巨大な青龍が棲んでいましたが、欽明天皇の時代(1400年前)
に大地震があり、青龍が亡くなってしまいました。里人はこれを哀れと思い青龍権現として神に
祀ると青龍が昇天し、温泉が湧き出たと伝えられてます。
その後、三恵寺の怡雲和尚によって開発されたのが川棚温泉です。

                                           参照:山口県下関市豊浦町のHPより

スポンサーリンク

響 灘

 (男島、女島、竜宮島、石島)の厚島を見渡せる絶景は、世界的ピアニスト「アルフレッド・コルトー」も絶賛したと言われています。

 ♪アルフレッド・コルトー (1877-1962)♪ 20世紀前半のフランスを代表するピアニスト

昭和27年(1952年)に念願の日本公演を果たし、全国各地で公演を行いました。
山口県では下関と宇部でコンサートを開催し、その間宿泊したのが川棚温泉のホテルでした。
ホテルの窓から見える響灘と厚島の景色に感動し
「こんなに美しい夢のような島は見たことがない」
「天国のようなあの島で死にたい、買い取りたい」  とまで申し出たそうです。

ダム散策


このダムは一周すると1.5kmあります。
マラソンやウォーキングをする人たちも多く、路面や路肩に目印がついています。

 

とても親切です☆

 

※ ペットも散歩することができます。
  ごみ箱はありません。各自持ち帰りです。

※ 綺麗に舗装されているので、車椅子でも大丈夫です。

 

駐車場・トイレ

 

県道からダムへの入り口に竜の看板が出ています。

・頂上のダムに行くまでに1か所駐車場があります。トイレもココです!

・ダムまで上がると駐車場はありますが、トイレはないので要注意です!!

 

天端

 駐車場の側に天端がかかっていて、ダムの全景が観賞できます。

車両通行禁止なので、種田山頭火やアルフレッドコルトーが絶賛した響灘をゆっくりと眺める事ができます。

 

所々休憩できるようにベンチが設置されており
春には花壇のお花も咲いて綺麗です。

ダムには鯉やカモが泳いでるのが見えます。

しかし残念なことに釣りは出来ないようです (+_+)


    「釣り禁止」    

川棚名物

 川棚名物と言えば・・・

 

 山口県の郷土料理としてテレビでもよく紹介されてるコレです!
『 瓦 そ ば 』

 

 ダムから歩いて行ける川棚温泉街にある「たかせ」は瓦そばの元祖。

取材で多くの芸能人も訪れる名店です。

ジュージュー焼いた瓦の上に茶そばをのせ、甘辛く煮た牛肉と金糸卵を一緒につゆでいただきます。(^^)


地元では家庭でもよく作るんですよ!
さすがに瓦は無理なのでフライパンやホットプレートなどを使います。

  明治10年、熊本城を囲む薩軍の兵士たちは、長い野戦の間に瓦を用いて野草・肉などを焼いて食べた
という古老の話からヒントを得て、
弊店創立者 高瀬慎一が数十年を経過した日本瓦を用い、弊店独自の
製法にて開発いたしました。 雅味豊かな茶そばに、牛肉、錦糸卵、海苔、もみじおろし、レモンなどを
配し、これも又、弊店独自のつゆを添えて「瓦そば」と名付け供したるところ、大方の絶賛を得て広く各
地よりご来店賜るところとなりました。
                                             参照 : 瓦そばたかせHPより

日帰り温泉施設

 ダムで遊んだ後は名湯でのんびり♨

川棚グランドホテル お多福  〒759-6301  山口県下関市豊浦町大字川棚4912-1 TEL (083)-774-1111

                   * 入浴料      平日    850円
                           土日祝   1050円

                   * ここは宿泊できます。(ペットも一緒に泊まれる宿です!!)

ホテルの公式サイトはこちら☆

 

ぴーすふる青竜泉       〒759-6301  山口県下関市豊浦町川棚湯町5159-2  TEL   (083)-772-0047                                                                                                                                                                                                                                          * 入浴料     大 人    420円                                                                                                                    小学生            150円                                                                                                                      幼 児              80円                                                                                                                                                                                                                                       * 家族風呂や休憩所とのセット券もあります。                                                                                                                                                                                                                                                                                         ぴーすふる青竜泉公式サイトはこちら☆          

アクセス

【川棚 舟郡ダム】 

   〒759-6301  山口県下関市豊浦町大字川棚

[JR]山陰本線 川棚駅下車 車で5分
お問い合わせ先]   下関豊浦総合支所地域政策課  TEL   (083)-772-4001

まとめ

  ダムと言えば大量の水が放流されるイメージですが、ここはちょっと違うタイプになります。

温泉街も近く、休日には家族連れも多いです。

一年を通して様々な山の景色が楽しめます。

海に山にどちらも楽しめる観光地の近くなので、遊んで食べてゆっくりとした一日を過ごせます。

遊ぶ
スポンサーリンク
あんふぐをフォローする
スポンサーリンク
好きっちゃ Shimonoseki
タイトルとURLをコピーしました